アフターコロナ環境で名刺交換を控える傾向にある。

非接触タイプのNFCの必要性が重要になる


大型量販店や遊園地、テーマパーク、小さな子どもたちをつれての遠足など

昔でいう迷子札が今の時代必要なのかもしれない。

でも、誰にでもみられてしまう「まいご札」はかえって危険をよびよせるかもしれない

そこでNFCを搭載した「まいご情報補助」を目的とした、ツールとなっている

①タグタイプ ポケットの中にいれておく

②手首タイプ 耐水紙で耐久性の高い素材で子供の手首にまく

③シールタイプ 服にはっておく

この3ツのタイプでまいごの子供を保護する、たいていの小さな子どもたちは

自分の名前もいえないぐらい泣いていたり、うまくつたえられない場合も多い

そんな時にスタッフがNFCを読み込めば正確な情報が得られ、スムーズにまいごを

保護できる。後は保護者のもとへ引き渡すだけだ。

 

 


小さなお店やレジ前でソーシャルディスタンスを守ることができる。

店頭に設置しておけばお客様がスマホをかざすだけで、お店の情報や案内をおこなって

くれる。シールタイプもあるのでショーウインドにはっておけば並んでいる商品の説明

も店員の代わりに行ってくれる。