緊急時に意識のない人の情報を伝えるためのコミュニケーションカード

基本的な使い方はNFCチップに自身の

① 氏名・連絡先・連絡してほしい人などの個人情報

② 持病・病歴・投薬などの情報

をテキストとして書き込む。

 

熱中症で意識がなかったり、認知機能の低下した高齢者が事故に巻き込まれて、ケガをしたりと今までになく、救助の現場もひっ迫しています。

中には意識がない、重要なことを伝えられない、緊急を要する事態が発生しているなど、コミュニケーションの必要性がいままで以上に注視されています。

その中でこのケア!カードは見た目は普通のカードでも中にはNFCが内蔵されていて、スマホを近づければ、その人にとっては命に関わる情報がつまっています。

首からぶら下げておく、カードでもいいですが、やはり人目にふれます。セキュリティ面でも少し不安もあります。でも、このカードならひとめではわかりません。

一枚、財布やポケットにいれておけばいざという時に役に立ちます。


災害、緊急事態、発作、熱中症など、

救護を必要とする人が…。

名前は…、持病は…、くすりは…。

 


相手に自分の名前すら伝えられない…

しゃべれない…、意識がない…。

何か手掛かりになるものがないか!!


ケア ! カードにはその人の情報が

記録されている。


スマホで読み取れば

緊急の救助に役立つ情報が…。

正確に伝わる。



児童にもたせて迷子カードにも

児童にもたせて迷子カードにも、他には認知症での徘徊をサポートすることも可能です。

 

いろいろなサービスを構築することができ使い方ひとつで世界が広がります。



迷子になった高齢者にも

セキュリティーが気になる場合はカードにIDと

連絡先を記録しておき、各々のサポートセンター

へ救助された方が連絡をとればセンターや施設の

スタッフがIDと児童または介護者などとのリン

クを行い、迅速な救護・保護が可能となります。



アミューズメントにも

他にも様々な使用方法があります。

一例をご覧ください。


その他にアミューズメント施設やイベントにおいてもこのカードを使った迷子のケアやゲームなど救護以外の用途にも使えるサポートカードになります。NFCだから可能になるそんな商品です。


仕様

■印刷方式 フルカラー インクジェット

■種別 カードタイプ

■材質 PET材

■サイズ 54×86 

 

構造

NFCタグ内蔵・裏面タイプ・積層タイプ

NFC読込アプリ 汎用アプリ

自社簡易アプリ開発中※

※汎用アプリの追加機能を検討中

ウエブサイト・動画は別途準備が必要です。